メールフォームについて

お問い合わせなど、入力項目のあるフォーム機能を備えています。フォームを作成するための詳しい知識がなくても、簡単にフォームを作成することができます。

メールフォームのコンテンツ設定

1
コントロールパネルの[作成][コンテンツ管理][ページリスト]をクリッククリックすると、“ページリストダイアログ”が表示されます。

2
設定を変更したいメールフォームコンテンツの[編集]ボタンをクリックして、ダイアログを表示します。

3
ダイアログの各設定を変更します。ダイアログの設定内容は下記の「メールフォームに関するダイアログの詳細」を参照してください。

4
[OK]ボタンを押して完了です。

 Hint

右クリックからメールフォームのコンテンツ設定(メールフォーム設定)

メールフォームパーツや該当メールフォームコンテンツの上で右クリックして、表示されたショートカットメニューから[メールフォーム][メールフォームの設定]を選択します。

メールフォームに関するダイアログの詳細

【設問】タブ

フォームの設問を設定します。設定方法は、設問の設定の詳細を参照してください。

⇒ 設問の設定についてはこちら

【全般設定】タブ

タイトル メールフォームのタイトルを設定します。
送信先メールアドレス 該当するメールフォームに投稿があった場合、その旨を通知するメールアドレスを設定します。カンマ(,)で区切ることで複数のメールアドレスを登録することができます。登録サイトを作成時に登録されたアカウントのメールアドレスが初期設定として入ります。
送信元メールアドレス

通知メールの送信者(差出人)のメールアドレスを選択します。

  • 「送信先メールアドレス」・・・送信先メールアドレスが送信者として設定されます。
  • 「入力されたメールアドレス」・・・フォーム内に入力されたメールアドレスが送信者として設定されます。通知メールからそのまま返信する場合などに選択することができます。
    ※入力チェックを「メールアドレス」に設定されている設問の中から選択することができます。
メール

該当するメールフォームに投稿があった場合、「送信先メールアドレス」宛の通知メールの件名と内容を設定します。初期設定には、すべての投稿内容が記載されて送られてくる雛形が入ります。

引用タグ例
  • [#FORM] ・・・ 投稿があったメールフォームの入力内容すべてを記載することができます。
  • [#項目名] ・・・ 必要な項目だけを記載することができます。「#」の後ろの「項目名」にメールに記載したい設問の見出しを入力します。
  • [#URL] ・・・ 投稿があったメールフォームのURLを記載することができます。サイト内に複数のメールフォームコンテンツがある場合、記載しておくと便利です。
  • 通常のテキストでは問題ありませんが、大括弧「]」の後ろに改行を入れるとシステムで自動的に削除されてしまいます。意図的に改行する際はスペースを入れてから改行してください。
データの保存

投稿されたデータをサーバーに保存するかどうかを設定します。「サーバーに保存する」を選択した場合、メールフォームから投稿された内容等を編集サイトで管理することができます。

⇒ 投稿データの管理についてはこちら

入力内容チェック

メールフォーム入力内容をチェックするタイミングを設定します。

  • 「確認ボタンクリック後」・・・確認ボタンクリック後のみ入力内容チェックを行います。
  • 「設問移動時」・・・設問入力後の設問移動する際の入力内容チェックを行います。設問移動を行わない項目のチェックのため、確認ボタンクリック後の入力チェックは行われます。
自動返信 該当するメールフォームに投稿があった場合、投稿者に自動的に返信メールを送るかどうかを設定します。
自動返信メール

上記の《自動返信》を「する」に設定した場合に、自動返信するメールの送信先および件名と内容を設定します。

  • 送信先は入力チェックを「メールアドレス」に設定されている設問の中から《送信先項目名》より送信先を選択することができます。
  • 引用タグは上記の《メール》の「引用タグ例」を参照してください。
  • 通常のテキストでは問題ありませんが、大括弧「]」の後ろに改行を入れるとシステムで自動的に削除されてしまいます。意図的に改行する際はスペースを入れてから改行してください。
返信時雛形

上記の《データの保存》を「サーバーに保存する」が設定されている場合に、投稿データの管理から、個別に返信メールを送る際に使用する雛形を設定します。

  • 引用タグは上記の《メール》の「引用タグ例」を参照してください。
  • 通常のテキストでは問題ありませんが、大括弧「]」の後ろに改行を入れるとシステムで自動的に削除されてしまいます。意図的に改行する際はスペースを入れてから改行してください。
署名 返信メールの一番下に自動的に記載されます。主に会社名・担当者名・住所・連絡先などを入力します。
ステータス

サイト公開の際に該当メールフォームを一般に公開するかどうかを設定します。

  • 「公開」 ・・・ 公開サイトに表示されます。
  • 「非公開」・・・編集サイトにのみ表示され、公開サイトには表示されません。該当のURLを確認すると「404エラー(ページが見つかりません)」が表示されます。
  • 「編集中」 ・・・ 編集中に設定後の編集内容は公開サイトに反映されません。コンテンツを公開したまま、編集を行う際に設定します。

【開始ページ】タブ

該当するメールフォームの入力画面に記載される内容を設定します。

⇒ 開始・確認・完了ページの設定についてはこちら

【確認ページ】タブ

該当するメールフォームの確認画面に記載される内容を設定します。

⇒ 開始・確認・完了ページの設定についてはこちら

【完了ページ】タブ

該当するメールフォームで、送信が完了した後の画面に記載される内容を設定します。

⇒ 開始・確認・完了ページの設定についてはこちら