操作マニュアル

メールフォーム - 設問の設定

  1. メールフォームのページ上で右クリックをして、表示されたショートカットメニューから[メールフォーム][編集]をクリックします。
  2. “メールフォームダイアログ”が表示されます。
  3. 【設問】タブが選択されていることを確認して、設問の追加・編集・並び替え・削除を行います。
    各操作方法については、下記の該当項目を参照してください。
  4. [OK]ボタンを押して完了です。

※ダブルクリックやコンテンツリストからもダイアログを表示できます。

  • 設定を変更したいメールフォームコンテンツの設問の上でダブルクリックすると、“メールフォームダイアログ”が表示されます。
  • コントロールパネルの[作成][コンテンツリスト]をクリックし、表示された“コンテンツリストダイアログ”から、設定を変更したいメールフォームコンテンツの[編集]ボタン をクリックします。

設問の追加

  1. 新規で設問を追加する場合は[追加]ボタンをクリック、元にしたい設問がある場合はその設問の右側にある[コピー]ボタン をクリックします。

    • 設問見出し
      設問の項目名を入力します。
    • 必須項目
      その項目の入力を「必須」にするか「無回答可」にするかを設定します。
      「必須」を選択した場合は、入力内容を送信する際に、この項目に入力されているかどうかというチェックが自動的に実行さます。未入力の場合はその旨が表示され、送信されません。
    • 回答形式
      リストの中からその設問の回答形式を選択します。各形式の詳しい説明は、下記の「回答形式について」を参照してください。
  2. [OK]ボタンを押して完了です。
回答形式について
記入回答(1行)

名前や電話番号など、1行の入力枠を必要とする項目の回答形式になります。

  • サイズ
    入力枠の長さを設定します。無記入の場合は自動で作成されます。(「50」を入力すると、半角文字が50文字くらい入る長さになります。)
  • 添字
    入力ボックスの前後に任意のテキストを入力することができます。
  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。  
  • 入力チェック
    メールアドレスや電話番号など、入力される内容にチェックが必要な場合はリストの中から該当するものを選択します。特に必要のない場合は「なし」を選択してください。
    ※いずれの場合も文字化けを起こす可能性が高い半角カタカナは入力チェック対象となります。

記入回答(2行・入力値チェック)

メールアドレスやパスワードなど、1行目の入力値と2行目の入力値が一致するかどうかチェックすることができる回答形式になります。

  • サイズ
    入力枠の幅を設定します(入力文字数の制限ではありません)。無記入の場合は自動で作成されます。
  • 添字
    入力ボックスの前後に任意のテキストを入力することができます。
  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。
  • 入力チェック
    メールアドレスや電話番号など、入力される内容にチェックが必要な場合はリストの中から該当するものを選択します。特に必要のない場合は「なし」を選択してください。
    ※いずれの場合も文字化けを起こす可能性が高い半角カタカナは入力チェック対象となります。

記入回答(1行・分割入力)

メールアドレスや電話番号など、1行の記入回答を2分割、または3分割して入力する回答形式になります。

  • サイズ
    入力枠の幅を設定します(入力文字数の制限ではありません)。無記入の場合は自動で作成されます。
  • 分割
    入力枠を何分割するか、2分割または3分割のいずれかを選択します。
  • 結合文字
    分割入力された文字を結合する文字列を入力します。
  • 添字
    入力ボックスの前後に任意のテキストを入力することができます。
  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。
  • 入力チェック
    メールアドレスや電話番号など、入力される内容にチェックが必要な場合はリストの中から該当するものを選択します。特に必要のない場合は「なし」を選択してください。
    ※いずれの場合も文字化けを起こす可能性が高い半角カタカナは入力チェック対象となります。

記入回答(複数行)

お問い合わせの内容やご意見など、複数行の文章の入力を必要とする項目の回答形式になります。

  • 枠サイズ
    入力枠の行数と列(文字数)を入力します。無記入の場合は自動で作成されますが、小さな枠になります。
  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。

単一選択(ラジオボタン)

性別の確認など、複数の選択項目の中からどれか一つのみを、チェックをして選択してもらう項目の回答形式になります。

  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。
  • 選択項目の設定
    選択項目を1つ入力し、[追加]ボタンをクリックします。さらに、必要な回答の数だけ項目を入力し、追加していきます。既に追加されている選択項目を編集したい場合はその項目の[編集]ボタンを、削除したい場合は[削除]ボタンをクリックします。選択項目をドラッグ&ドロップすると、選択項目の順番を入れ替えることでき、この順番がメールフォームにも反映されます。選択項目の後ろで改行をしたい場合は、改行設定にチェックを入れてください。

単一選択(プルダウン)

「単一選択(ラジオボタン)」と同じく、複数の選択項目の中からどれか一つのみを、プルダウンリストの中から選択してもらう項目の回答形式になります。

  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。
  • 選択項目の設定
    選択項目を1つ入力し、[追加]ボタンをクリックします。さらに、必要な回答の数だけ項目を入力し、追加していきます。既に追加されている選択項目を編集したい場合はその項目の[編集]ボタンを、削除したい場合は[削除]ボタンをクリックします。選択項目をドラッグ&ドロップすると、選択項目の順番を入れ替えることでき、この順番がメールフォームにも反映されます。

複数回答

複数の選択項目の中から必要な分だけ、チェックをして選択してもらう項目の回答形式になります。

  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。
  • 選択項目の設定
    選択項目を1つ入力し、[追加]ボタンをクリックします。さらに、必要な回答の数だけ項目を入力し、追加していきます。既に追加されている選択項目を編集したい場合はその項目の[編集]ボタンを、削除したい場合は[削除]ボタンをクリックします。選択項目をドラッグ&ドロップすると、選択項目の順番を入れ替えることでき、この順番がメールフォームにも反映されます。選択項目の後ろで改行をしたい場合は、改行設定にチェックを入れてください。

都道府県選択

都道府県が選択できるプルダウンリストの回答形式になります。

  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。

住所

郵便番号を入力すると自動的に都道府県、および市区町村が表示される回答形式になります。

  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。

日付

年・月・日・時・分・秒の各項目が選択できるプルダウンリストの回答形式になります。

  • 選択項目の設定
    年や月など、どの項目を表示させるかをチェックして設定します。また、年のプルダウンに表示する範囲も合わせて設定します。
  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。

添付ファイル

指定した拡張子のファイルを添付できる回答形式になります。確認画面から戻ると添付されたファイルがクリアされます。
※添付できるファイルサイズの上限は32MBになります。

  • 注釈
    その項目に注釈が必要な場合、ここに入力した文章が入力枠の下に添えられます。
  • 許可する拡張子
    一行に1つの拡張子を記述します。

HTMLテキスト

HTMLエディタを使って見出しやコメントなどを自由に設定することができます。

設問の編集

  1. 編集したい設問の[編集]ボタンをクリックします。
  2. 各項目を必要に応じて編集します。項目の内容は上記の「設問の追加」を参照してください。
  3. [OK]ボタンを押して完了です。

設問の並び替え

メールフォームに表示される設問の順番を変更したい場合は、設問をドラッグ&ドロップすると好きな位置に移動することができます。

設問の削除

  1. 編集したい設問の[削除]ボタンをクリックします。
  2. 表示されるメッセージを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
ページの先頭へ